フジコヘミングの時間

こんにちは。受付スタッフのKです。smiley

 

最近は私もすっかりインドアになりまして、YOUTUBEで

 

ピアニストの方の演奏を観たりしています。

 

 

最近は、フランツ・リストのピアノ曲

 

『ラ・カンパネラ』という曲をよく聴いていて

 

色んな演奏家達のカンパネラ聴き比べ、みたいな動画も観たりしていました。

 

 

そんな中で最近気になり始めたのが、フジコヘミングというピアニストで

 

6歳の頃からお母様の影響でピアノを始めて

 

ピアニストとして音楽活動はしていたみたいですが

 

日本では1999年にドキュメント番組が放映されて

 

そこからフジコヘミングのブームが起こったみたいですね。

 

 

発売されたデビューCD『奇蹟のカンパネラ』は

 

発売後3ヶ月で30万枚のセールスを記録し

 

日本のクラシック界では異例の大ヒットだったそうですね。

 

 

そんな有名な方ですが、私はこの方の事を最近まで知りませんでした!

 

動画を何度も観てしまい、もっと演奏が聴いてみたいなと思い

 

『フジコヘミングの時間』という映画をレンタルして観ました。smiley

 

 

世界を巡るフジコヘミングに密着した初のドキュメンタリー映画。

 

お家にはこだわりがあるらしく、とてもお洒落な自宅で

 

猫ちゃん3匹に囲まれて暮らしていたり

 

なんとも言えない独特な雰囲気が引き込まれました。

 

 

コンサート前は7~8時間は練習するそうですが、さらっと弾き流す弾き方と

 

気を入れて弾く弾き方、違いを表したシーンがあって

 

音の違いがハッキリ分かり、とても印象的でした。

 

 

小学生の頃に習った先生が、ただの音符の並びではなく

 

歌うように弾きなさいと教えてくれた事がラッキーだったと言っていて

 

そこからは歌を歌っているように弾いている、と映画の中では言っていました。

 

あと、印象的だったのは

 

楽器を一日弾かなくなると、戻ってしまうから練習は毎日必要。

 

コンディションを本番に合わせるのは大変。

 

どれだけ有名なピアニストの方でも、やっぱり

 

努力は必要なんだなと思いました。

 

 

この映画とは関係はないですが、今年私が響いた言葉で

 

『良い音楽を作るのに上限はない』

 

まさにそれだな、と思いました(^_^)

 

どんな楽器でも自分を表現できる音楽家の方達は

 

凄いなと思います。

 

私もまたピアノを習ってみようかなと思っている

 

今日この頃です。(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 



前のページへ戻る

お知らせ・活動ブログ

2023.11.09


2023.10.25


2023.09.08


2023.08.10


2023.07.18


一覧を見る

演奏依頼は早割りがお得!