指板と弦の間

 

こんにちは!

チェロの谷屋です😄

 

先日は埼玉県の行田市に出張演奏して

参りました!

 

結婚式も出来る素敵な会場でした(・ω・)

 

 

ご来席の方から、なんと「うちにも来てくれ」と

嬉しいお言葉もいただき、

演奏もトラブル無く、終了しました😌

 

しかし、なんか僕の楽器のコンディションが

イマイチおかしいです、、

 

楽譜に登場する、「ピッチカート」という

弦をはじいて音を出す奏法がうまく出来ません😅

 

はじく場所によっては、ポーンという音というよりか

弦と指板がぶつかったペンペンした音に聴こえます(笑)

 

チェロの指板と弦の間の距離が

異様に近くなってしまったことによる現象でした、

昨年夏頃に購入したチェロですから、冬時の

楽器のコンディションの変化を

知る由もありませんでした!

 

冷え込みと乾燥による木の膨張が

原因です🧐

 

実は以前に持っていた楽器でも

体験したことがあったので、

駒というパーツを取り替えれば

良いと分かっていました!

 

ということで、早速

御茶ノ水の楽器屋さんに

新しい駒を作りに行ってきました!

 

音楽の都ザルツブルグと日本を行き来している

イタリア人の職人さんに、

新しい冬用の駒を作ってもらいました(・ω・)

 

その日のうちに5時間待って

作ってもらいましたが、

新しい駒を付けると、随分音色が

変わってしまったので、

その場で弾いては、職人さんに

何度も調整してもらい、

気が付くと、

お店が閉店になっていました!

 

全く迷惑な客ですね(笑)

 

おかげさまで、購入した時と同じような

音色に戻り、安心しました😙

 

あ、でも暖かくなったら、

また既存の駒に取り替えなければなりませんが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



前のページへ戻る

お知らせ・活動ブログ

2024.04.26


2024.03.08


2023.11.09


2023.10.25


2023.09.08


一覧を見る

演奏依頼は早割りがお得!